« 土地の味 | トップページ | 歴史の常識 »

2006年4月18日 (火)

農業技術革命

 菊川市に施設面積7ha、従業員30数名のトマト工場が稼動しています。(有)ルーツファームです。この工場では、作物の本来の味を引き出す農法で、糖度の高いトマトの生産がされています。

 高度にシステム化され、企業としてしっかりとした雇用吸収力を持つ農場です。この工場の農法の根本は、作物栽培の水分管理にあります。そうしてその水分管理をシステム化し品質をグーンと安定させたのが、不織布のセンサーをコンピューターに結びつけた技術なのです。

 こうした経営体のニーズに応えるのが、私達の研究組織なのです。農業の分野でも、経営革新への熱い挑戦が始まっています。そうした意欲ある経営を新しい技術で支援し、農業という産業に夢と展望が描けるようにしたいものです。

|

« 土地の味 | トップページ | 歴史の常識 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 農業技術革命:

« 土地の味 | トップページ | 歴史の常識 »