« ウルトラマラソン | トップページ | ゲルマンとBDF »

2006年5月 5日 (金)

緑道

  私の休日は、実に繁多である。趣味の園芸や同好の会への出席などと色々とあるが、特にこの五月はウルトラマラソンが控えている。だから、寸暇を惜しんで走ることにしている。この連休中には、200km以上走ろうと思っている。

 朝の6時には家を出る。小笠山の尾根筋を走るのである。毎日ほぼ5時間は走っている。ケスタ地形に残った痩せ尾根を上ったり下ったり、結構タフなコースである。だが、この全長5kmのコースは、姥目樫などの樹木に覆われた緑のトンネルになっている。息せき切って走りながらも、なんとも心やすらぐ景観なのである。Cimg0081

 小笠山は、その昔大井川が造った扇状地である。その扇状地の北側が大きく隆起し、南に向かって斜面を造った。これが雨水で浸食されて手の平を伏せたような形状の丘陵になった。山全体が大小の礫で出来ているから、降った雨はすぐに地下に浸透してしまう。だから尾根筋の植生は、乾燥に極めて強いウバメガシが中心である。

 今、乾燥に耐えて生き残った木々が一斉に新芽を出して、 山中はやすらぎ色に染まっている。

|

« ウルトラマラソン | トップページ | ゲルマンとBDF »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

ぶどうの赤ちゃんかわいいですね。こんなに小さくて可愛らしい実が、川島さんの手にかかり熟していくんですね。今年もぶどうをいっぱい山に持ってきてくださいね。悪い虫とハクビシンには気をつけて彼女たちを守ってくださいね。

投稿: みのむし | 2006年5月 5日 (金) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緑道:

« ウルトラマラソン | トップページ | ゲルマンとBDF »