« 百花繚乱 | トップページ | 緑道 »

2006年5月 1日 (月)

ウルトラマラソン

 今月末に、11回目の八ヶ岳野辺山100kmウルトラマラソンを走ります。険しい坂道を登ったり下ったり、これでもかこれでもかと過酷なコースが続きます。標高差も1000m余り、そんな過酷なレースをこれまでに10回完走しました。

 そうして10回目の昨年、主催者から「デカフォレスト」の称号を授与されました。この称号をもらうと、以後の大会でゼッケンなどに特別な待遇がされます。何と言うことはないのですが、自分への勲章として誇らしいものがあります。Cimg0080

 100kmを14時間以内に走る。只それだけの単純なものですが、この野辺山を10回走ると、10の物語が出来ます。スタートラインに立つまでのトレーニング、スタートしてからゴールにたどり着くまで、必ず新たなドラマが待っています。「決して、諦めない」このことを自分言い続けながら走り続けます。

|

« 百花繚乱 | トップページ | 緑道 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

デカフォレストですか。あこがれます、また普段のランニングコースもいいところを走っておられますね。
私は今回始めての野辺山参加です。きついコースらしいので不安ですが完走めざしがんばります。

投稿: ふぃんず | 2006年5月 7日 (日) 17時50分

昨日は大変お世話になりました。山草人さんとあそこで出会わなければ、私の完走は無かったものと思います。本当にタフなコース。
山間なので毎年違う天候条件。昨日は天気はすばらしかったけれど、すばらし過ぎて、私は熱中症のような症状でくじけそうな気持ちも手伝い、コース脇の木陰で寝そべっていました。そこへ山草人さんが通りかかり、「この先の峠を越えればゴールは目の前だよ」と声を掛けてくださったのです。その一言にハッとした私はただひたすらデカフォレストの「緑のゼッケン」に導かれるように伴走していただきました。途中何度も励まされながら、
最後は多少回復した私の背中を押して「この調子で先に行きなさい!」と最大の勇気をもらいました。おかげさまで無事完走することが出来ました。併走しているときにこのプログのことを教えていただきました。自然に関わるすばらしいお仕事をされていることを知りました。(私は単なる会社員です)あの難コースを10回も完走されているなんて、兎に角凄い!と思いました。私も更にウルトラの道での精進に努めたいと思います。本当に有難うございました。

投稿: ゼッケン339 | 2006年5月22日 (月) 09時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラマラソン:

« 百花繚乱 | トップページ | 緑道 »