« 環境と住民意識 | トップページ | カラスの夫婦 »

2006年7月15日 (土)

ゴルフと私

 ゴルフの楽しさを語る人は多い。だけど私は、本当に楽しんだことがあるのかどうか、自分でも分からない。毎度のようにBBメーカーで、練習もせずにOBばかり出しているからだろうか。とは言えかなり昔のことだが、練習場に通いつめたこともある。トラック何杯分ものボールを打った。それでも、目立った上達はしなかった。Cimg0169_1

 ある時、スポーツはすべからく足腰が肝心だと気付いた。足腰を鍛えずに、クラブばかり振り回しても無駄だと分かったのだ。それで、少しずつランニングを始めた。そして何時の間にか、そのランニングに結果としてのめり込んでしまった。走ることが楽しくなったのだ。当然、ゴルフ練習場に足が向かなくなって、実力はくだんの如くなのである。

 実力は依然として果々しくないが、分かってきたことがある。それは、ゴルフは形だということである。そして、心も体もゆったりしなくては駄目だということだ。ゴルフ場に出かける前には、その事を自らに言い聞かせて出かける。たが帰りにゴルフ場を出る際には、いつも「あーあっ」と、自らの不甲斐なさとOB連続の不運を呪っている。

 さりとて、悔しいからと一念奮起して練習する訳でもない。そのくせ、誘われればいそいそと出かけていく。まさに、何時までも形の定まらない私の人生と同じである。

|

« 環境と住民意識 | トップページ | カラスの夫婦 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴルフと私:

« 環境と住民意識 | トップページ | カラスの夫婦 »