« 日本一の花火 | トップページ | 美術館とお茶 »

2006年8月 6日 (日)

夏本番

 梅雨が明けて一週間。やっとベニー(赤オクラ)の花が咲いた。草丈が一メートルを超えているのに、ずっと葉ばかりながら(花や実が無くて、中身の無いこと)状態が続いていた。Cimg0210

 一節ごとに花が着くはずなのに、みんな葉芽になってしまっていた。原因は日照不足だったのか、夏本番を迎えてこれが一転、一斉に花を着け始めたのだ。

 ツルレイシ(ゴーヤ)も、沢山の実をぶら下げて頑張っている。レイシは短日で花芽を着けるのだが、僅か一週間で見違えるようになった。Cimg0209_1

 それに、人間の体の方も暑さに慣れてきた。日本の四季が樹木の年輪を形成するように、季節ごとに私達の体もリニューアルしていく。冬には冬の、夏には夏の心身に衣替えさせてくれるのだ。

 ゴーヤの繁茂に励まされつつ、この夏を稔り多いものにしよう。「一寸の光陰 軽んずべからず」である。

|

« 日本一の花火 | トップページ | 美術館とお茶 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/11306496

この記事へのトラックバック一覧です: 夏本番:

« 日本一の花火 | トップページ | 美術館とお茶 »