« ブログを書き始めて | トップページ | アグリニクス研究会 »

2006年8月 1日 (火)

人生の行間

 人皆同じように幾ばくかの人生を生きるのなら、波乱万丈と言える様な沢山のことをやって見たい。そして「見るべきものは見つ」と言った終わり方が出来るなら、願っても無いことだと思っている。

 しかしながら、一篇のストーリーを書き綴るのだって大変なことだ。仕事に家庭にと、日々の遣り繰りにすらあくせくしているのが現実だからだ。それならば、行間を豊かにすることが出来ないか。そんなことを思い始めたのは、40歳を過ぎたあたりからだ。Cimg0202

 そして、書くこと、走ること、会うこと、作(栽培)ることを始めた。要するに、多かれ少なかれ遊びである。その遊びを続けることが楽しくなった。既に、遊びが道楽になってしまったものもある。でもそのお陰で、私のストーリーの方も幾分骨太になってきたような気がする。

 人一人に与えられた時間は限られているのだが、またまだ遊び足りないと思っている。ともあれ行間が広く開きすぎてしまわないよう自戒しながら、精一杯人生を楽しもうと思っている。

|

« ブログを書き始めて | トップページ | アグリニクス研究会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生の行間:

« ブログを書き始めて | トップページ | アグリニクス研究会 »