« 朝鮮半島と日本列島 | トップページ | 国を愛すること »

2006年8月17日 (木)

韓国人と日本人

 「冬のソナタ」以降の韓流ブームで、韓国人に対するイメージは様変わりした。それに経済力の躍進も、目覚しい。オリンピックの開催、そして4年前のワールドカップと、その度に国のイメージもチェンジしてきた。

 サムスン電子は、日本の家電各社をはるかに凌駕する世界の企業に成長した。現代自動車だって、日本を含め世界中に輸出する世界の現代だ。

 一見日本人と変わらない風貌に加え、言葉だって日本語に極めて近い。だからこの国の人々とは、もっと相互理解が進んでもよさそうなものだ。だが現実は、文化や考え方に相当の隔たりがある。

 そもそも李氏朝鮮の500年が、この国を儒教の国にした。儒教は、近世においてこの国を著しく停滞させる原因となったが、今日では美質として語られることが多い。長幼の序を始めとして、既に日本人が失ってしまったものを持ち続けているからだ。Cimg0225

 それに韓国の青年は、ほとんど全員が26ヶ月の兵役を経験している。人の殺し方だって訓練されているし、現実に戦場体験者も多い。大陸的な気質が強く、しっかりとした自己主張をする。腹芸の得意な島国の日本人と違って、彼らは大陸人なのだ。それに同じ自己主張でも、日本人の自己中とは中身がかなり違うようだ。

 キムチと汁物の食文化も、極めて特徴的だ。日本の食文化とは、趣として山葵と辛子の違いと言えるのだろうか。それに箸よりも匙を使う文化なのだ。この食文化の背景も含めて、とっくりと味わってきたいと思っている。

|

« 朝鮮半島と日本列島 | トップページ | 国を愛すること »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国人と日本人:

« 朝鮮半島と日本列島 | トップページ | 国を愛すること »