« 孫 | トップページ | 親環境農業 »

2006年9月14日 (木)

人生の旅路

 私は、終戦直後に生まれた団塊の世代の一人だ。

 小学の中ごろまで、食べる物も着る物も決して十分とは言えなかった。幼稚園にすら、入れてもらえなかった。

 学校だって正に寿司詰めで、一クラス60名もいた。その後の進学だって押して知るべし、今日の比ではない。

 その団塊の世代の先頭が、もう少しで人生の第三関門をくぐろうとしている。

 かなりの自由を手に入れて、改めて自分の人生を考える時が近づいているのだ。それに第三ステージは、突然終わるのかもしれないけれど、途方も無く永いように思う。

 その自由を何に使うのか。思う存分のことができるのなら、長生きなぞしなくても良い。そう思う。

 要するに、誰とどんな目的で何をするのかが肝要だ。

 人生の質を高めたい。熟年の人生を、謳歌するための準備をしよう。

|

« 孫 | トップページ | 親環境農業 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生の旅路:

« 孫 | トップページ | 親環境農業 »