« 旬 | トップページ | 人生の岐路 »

2006年10月25日 (水)

人とモチベイション

 私はマラソンをやっていて、月平均で250km位は走っている。

 時に、100kmマラソンを走ったりもする。

 とても、人から強制されて出来るものではない。

 自分で目標を決めて、その目標に向かって嬉々として取り組んでいる。

 それが、仕事となるとどうであろうか。

 ベルトコンベアの前に座らされて、同じ作業を繰り返す。

 今では、こうした作業の多くをロボットがするようになった。

 確かにベルコン作業こそ減ったが、多くの製造業の現場では、生産ライン上で時間に終われて仕事をやっている。

 基本的に、働かされているのであって、自らのモチベイションとはかなり乖離している。

 そこには、100kmマラソンを走りきったような達成感は無い。

 全ての労働や業務を、自立的なモチベイションで展開できたら実に面白い社会が出来る。

 人間というものの行動心理をとことん分析して、モチベイションを高める仕組みを工夫しなくてはいけない。

 人間は本来、怠惰なものだし、ミスを犯すものだし、惰性に流れ易いものだ。

 だからそうした人間の欠点を知った上で、一定の競争条件をつくり、達成感と仕事をする誇りを喚起することが肝要だ。

 人間の弱い部分をカバーして、なおかつ、自立的にモチベイションが高まるのがベターだろう。

 そんな環境が作り出せないものだろうか・・・・・・。

|

« 旬 | トップページ | 人生の岐路 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人とモチベイション:

« 旬 | トップページ | 人生の岐路 »