« 中秋の名月 | トップページ | ぐるっと浜名湖一周 »

2006年10月 8日 (日)

秋祭り

 昔はよかった。

 村の鎮守の森に屋台店が並んで、のどかな祭りだった。

 当時の玩具の出す音までが、耳に残っている。

 今では、お宮さんそっちのけで、御殿屋台を引き回している。

 飲んで無礼講で騒ぐ。それが祭りになってしまった。

 馬鹿騒ぎの祭りの裏に、寒々とした心の空虚を感じてしまうのは私だけだろうか。

 収穫前の一時を、今年の成果を前に皆で楽しむ。

 そんなのどかな祭りは、今では日本中何処にもないのかも知れない。

 ただしかし、そんな根の無い祭りでも、人々にとっては大切なのだ。

 極めて疎になったコミュニティーの為に。Cimg0398

 孫に連れられて、屋台を見に行った。

 もう既に、孫の方が一人前である。

 ノスタルジックな祭りなぞ、そこには微塵も無い。Cimg0400

 時代はどんどん変わっていく。それでも俺の子供の頃の方が、それなりに楽しかったのだ。

 理屈っぽく『祭りとはそもそも・・・』などと、考えるのは可笑しいのだろうか。

|

« 中秋の名月 | トップページ | ぐるっと浜名湖一周 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして 愛知県に住むムレにゃんと申します。
私の主人は22年前の移築される前の釣耕苑でひと夏過ごした事があるそうです。
主人は釣耕苑のご主人鈴木さんから、とても心に残るお話をしていただいたそうです。
今もまるで昨日の事のように話してくれます。
今は移築されてしまいましたが、手元にはその頃の写真が数枚あり、興味を持ちました。
ネットで釣耕苑を調べましたが、少なく島田市役所や川根町にもお聞きし、夏子供達と尋ねてみたいと思っております。
こちらで、ちょっぴり釣耕苑を見せていただき、心躍らせております・・。

投稿: ムレにゃん | 2008年3月24日 (月) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋祭り:

« 中秋の名月 | トップページ | ぐるっと浜名湖一周 »