« 食と農 | トップページ | 腸の長さとファーストフード »

2006年10月22日 (日)

町のちっちゃな文化展

 遠州横須賀は、城下町だった。Cimg0443

 今でも旧道沿いには、当時を偲ばせる数多くの古民家が残っている。

 その民家を開放してもらって、一軒一軒で展覧会を開こう。

 多くの人々に、この町並みと文化を見てもらうことで、地域が生き返るのではないか。

 八年前、町の有志が始めた試みである。

 今年は、この城下町の舞台に、全国から100名を超えるアーティストが集まった。Cimg0442

 陶芸や絵画、版画、書、竹細工、織物、空間装飾、雛、音楽などだ。

 それに土着の酒屋や醤油屋、麩、風土凧、祭囃子、神社などが加わっている。

 気前良く屋敷を開放している町の人達も大したものである。

 この三日間、一体どれほどの人々がこの横須賀を訪れたことだろうか。

 町ぐるみ美術館。Cimg0440

 とても「ちっちゃな」などと言えた物ではない。

 一つ一つはちっちゃくても、街道は江戸時代の往時を凌ぐ賑わいの場になった。

 一渡り展示の数々を覗いた後、清水邸の庭を前に抹茶を喫してきた。

 清水邸では、今や世界的書家の大杉弘子さんが作品を展示していた。

 『 人々の 汗が咲かせた 芸の秋 』

 

|

« 食と農 | トップページ | 腸の長さとファーストフード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 町のちっちゃな文化展:

« 食と農 | トップページ | 腸の長さとファーストフード »