« 高橋尚子 | トップページ | 光の世紀 »

2006年11月12日 (日)

大井川紅葉マラニック

 大井川上流の接岨峡から、大井川に沿って金谷まで60kmを走る。

 それが、今回の企てである。折りしも、紅葉の美しい季節である。

 昨日、金谷駅に集合した一行23名は、東京や名古屋から、そして最も遠方から参加したのは岡山の石原さとみさんだ。Cimg2311

 金谷発の蒸気機関車は、いにしえの力を振り絞って、汽笛と共に一路千頭へ。

 社内では、車掌がわたしたちを飽きさせない。大変な心遣いである。

 彼女が吹くハーモニカの鉄道唱歌に、私達も思わず口ずさんでしまう。Cimg2310

 竹皮の弁当が配られて、楽しく談笑するうちに千頭に。Cimg2309

 千頭からは、トロッコ列車でさらに一時間余り、宿舎の接岨峡に到着する。

 ヌルヌルとした温泉の後は、みんなで交流会が始まる。

 それぞれの気持ちと体の若さに、今回も感心しきりとなる。Cimg2316

 翌朝、五時の朝食。六時、まだまだ暗い中をいよいよのスタートである。Cimg2317

 長島ダムの堰堤を越え、幾つかのつり橋を渡りするうちに、最初の群れはばらばらに。

 私達は、たったの四人になってしまった。Cimg2318

 中川根の不動の滝は、昨夜来の雨の為か荘厳な風情で、青空と紅葉の中に輝いていた。Cimg2322

 45kmを過ぎたあたりで、私の足が痛みと共にグ~ンと遅くなる。

 日が傾いて寒風の吹く中を、とうとう一人旅になってしまった。Cimg2325

 それでも15時22分、金谷駅にゴール。

 それぞれ到着しだいラップを自己申告し、三々五々岐路についた。Cimg2328

 フゥ~ウ!今日はきつかった。一緒に走って下さった皆さん、ありがとう。

|

« 高橋尚子 | トップページ | 光の世紀 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。いろいろとお世話になり有難うございます。
 また野辺山ではよろしく。

     窪木

投稿: 愛鷹の哲 | 2006年11月12日 (日) 22時05分

大井川紅葉マラニックお疲れ様でした。
ブログを見て改めて楽しいマラニックだと感じました。前日のSLの旅から民宿での前夜祭、当日はすばらしい天気、すばらしい紅葉、すばらしい仲間、すばらしいコースで皆さん楽しまれたことと思います。
来年の大井川新緑マラニックもいろいろと思考を凝らし楽しんでもらいたいと今から考えております。
参加したランナーに感謝。川島さんありがとう。

投稿: 萩田  博 | 2006年11月13日 (月) 20時31分

お世話になりました。地理感がまったくなく、地図も上下逆さまに見ているような私でしたが、川島さんや夏目さんのおかげで何とか無事にゴールできました。有難うございました♪
途中ではぐれてしまったのはとても残念でした。最後まで皆さんと一緒にゴールしたかったです・・・

又、吊橋を渡るのに6分もかかってしまって、その際もお待たせしてしまって本当に申し訳なく思っています(^^;)
夏目さんにもこの場を借りて感謝の気持ちをお伝えしておきます。

静岡は何度行ってもいい所で、今回はお茶の花を初めて見ました。川根というお茶の産地も知りました(^^)v

川島さん、その後足の具合はいかがですか?
ではまた

投稿: mami.aoki | 2006年11月14日 (火) 16時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大井川紅葉マラニック:

« 高橋尚子 | トップページ | 光の世紀 »