« ツワブキ | トップページ | 人間は何を食べてきたのか? »

2006年11月 7日 (火)

大学って!!

 大学と言うものは、中世ヨーロッパ、イタリアのボローニャで知的創造組織として始まったのだそうだ。

 恐らくは、宗教の対極にあって真理を探求しようとする、市民社会の黎明ではなかったかと思う。

 話は、オランダに飛ぶ。

 16世紀後半まで、オランダはネーデル(低い)ランドと呼ばれて、他国の王や司教の領土であった。

 それが、プロテスタントへのスペイン国王の弾圧を契機に、市民の抵抗運動となって独立への道を開く。

 彼らは、17世紀中ごろまで80年間も抵抗運動を続けて、ようやく独立を勝ち取った。

 そのオランダに、ライデンと言う都市がある。

 かつてライデンの市民は、その市民の全てが一年間もの間小さな丘の城砦に閉じ篭り、スペインの猛攻に耐え抜いた。

 そしてついにライデン市民は、自から海岸に築いたえん堤を切り崩して、スペイン軍を水攻めにし退却させることに成功する。

 時の独立運動の指導者オラニエ公は、ライデンの市民の激闘をたたえて、ライデンを免税地域とすることにした。

 ところがライデン市民は、「それよりも大学をつくってほしい」と申し出たのだそうである。

 それが今日のライデン大学である。16世紀後半のことだ。

 話は変わって、アメリカである。

 1620年、メイフラワー号で英国を出帆した102人の移住者がいた。

 彼らは、ピューリタンの一派であり、一時自由を求めてオランダに流遇していた

 その彼ら(ピリグリム・ファーザーズ)が、新大陸に入植することになる。

 そして、入植16年後に、ボストン郊外にアメリカ最初の大学ハーヴァード大学をつくる。

 それが、今日の合衆国の原点になった。

 人々の自由と知的探求の象徴が、まさに大学だったのだ。

 今日本では、同世代の約45%が大学に行く。

 かつてのエリート教育と研究の拠点が、今日では只の高等普遍教育の機関に成り下がった。

 かてて加えて、少子高齢化である。

 1992年の18歳人口は、205万人いた。

 今日では、120万人になろうとしている。

 それに職業高校の就学者は、23%にまで減って、残りは全部普通高校になった。

 一体全体、この国の職業教育は何処でするのだろうか。Cimg2298

 静岡県立大学の創立20周年式典に臨んで、そんな他愛の無いことを考えていた。

 何のための大学かを、今こそ考えなくてはならないのだが、国会の教育論議にそんな視野があるのかどうか? 

 

|

« ツワブキ | トップページ | 人間は何を食べてきたのか? »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大学って!!:

« ツワブキ | トップページ | 人間は何を食べてきたのか? »