« 地球と炭酸ガス | トップページ | 高橋尚子 »

2006年11月10日 (金)

世界お茶まつり

 世界お茶まつりは、2001年に静岡で始まった。

 お茶に関わる生産・流通・消費文化・学術研究・歴史・あそびなど、全ての要素を取り混ぜた世界的なイベント。

 そんなイベントが可能なのか? 当時は、関係者でさえ訝る挑戦でした。

 そのイベントに、世界各国を含めて17万人もの人々が集まった。

 各国のメディアも、この風変わりなイベントを取材に訪れた。

 そしてその催事を目指して、多くの生産機械や茶関連商品が開発されもした。 

 私はこれを、プロジェクトXで取り上げてもらっても良いんじゃないかと思っているくらいだ。

 ともあれ、第二回を2004年に開催し、いよいよ来年は第三回の世界お茶まつりが開催される。

 世界お茶まつりは、歴史になったのだと思う。Cimg2306

 今日から川根本町で、全国お茶まつりが開かれている。

 キムタクの「武士の一分」録画セットでの茶席や、お茶と水研究会の講演会ね創作茶室など、 多彩な催しが繰り広げられている。Cimg2305

 私は、研究会の講座の中で「茶業界の常識を問う」のテーマで、やや挑発的な話をした。

 私の話が、お聞きになった方にどのように響いたのかは分からない。

 でも、時代は明らかに変わりつつあることを伝えたかったのだが・・・・Cimg2302

 そして、需要が供給を生み出すのだということを踏まえて、何をすべきかを伝えたかったのだが・・・

|

« 地球と炭酸ガス | トップページ | 高橋尚子 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界お茶まつり:

« 地球と炭酸ガス | トップページ | 高橋尚子 »