« 巧妙が辻ラン | トップページ | 大学って!! »

2006年11月 6日 (月)

ツワブキ

 何時の間にか、ツワブキの花が咲いている。

 漢字で、「石蕗」と書く。Cimg2297

 垣根の北側なぞの半日陰に生えていて、秋から冬にかけて黄色の花をつける。

 葉は蕗(ふき)のようで、花は菊に似ている。キク科の多年草だ。

 蕗の字が当てられているとおり、古くからキャラブキのように山菜としても利用されてきた。

 春先の若い葉柄を摘んで、皮をむいてゆでる。

 これを水に晒してあく抜きをし、煮物や揚げ物、粕漬けなどにする。

 それに加えて葉の部分は、湿疹などに効果があるらしい。

 ちょっと控えめで、茶室の庭に良く似合うツワブキである。

 話は変わるが、今年はお茶の花が数多く咲いている。

 先日牧の原で、茶園の色が変わるほど咲いているのを見て驚いた。

 茶の畝が一面黄色なのだ。Cimg2293

 しかし良く考えてみると、茶の樹は葉を伸ばすためではなくて、花を咲かせて実を成らすために生きている。

 花が咲いて当然なのである。

 それに茶の樹は、山茶花や椿と同じ仲間で、カメリア・シネンセスというツバキ属の名前を持っている。

 かつては、お茶の実を採って、その実をまいて増殖させたのだが、

 今では挿し木の技術が当たり前になって、花は無用の仇花扱いされるようになった。

 同じ地味な花であっても、人間と同様その咲かせかたが肝心なのかも知れない。

|

« 巧妙が辻ラン | トップページ | 大学って!! »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツワブキ:

« 巧妙が辻ラン | トップページ | 大学って!! »