« 高齢者を活かす | トップページ | 帝国の衰亡 »

2006年12月13日 (水)

忘年会色々

 忘年会のシーズンである。

 既に私も、6回ほどの忘年会に席を連ねている。

 走友会や研究会、職場や仕事関係などである。Cimg2439

 忘年会に酒はつき物なのだが、それ自体私の好物と言う訳ではない。

 酒は人を開放的にして、その人格を露出させて見せる。

 だから、人と人を親しくしたりもする。

 それが定説らしいのだが、むしろ私の場合は余り良い思い出はない。

 無礼講などと言われて飲まされて、後でクヨクヨと後悔するパターンが多かった。

 そんな経験から、忘年会とは、酒を飲ませて人間を観察する場ではないかと思ったりもした。

 しかし最近では、けっこう有意義に参加させていただいている。Cimg2393

 単に飲み会と言うのではなくて、会のそれぞれに意味が感じられるからだ。

 来年は活動をこう発展させようとか、お互いの関係をもっと深めようなどと意識したりもする。

 そんな気持ちが有ると、深酒などすることなく気持ちよく飲めるものだ。

 ただし意味の無い忘年会は、早々に引き上げた方が無難だ。

 日本で最古の忘年会は、1430年の記録が有るという。

 室町時代だ。

 濁り酒を飲んで乱舞というから、相当親しい人達の会だったのだろう。

 ともあれ今日のような忘年会は、明治20年代になってから始まったらしい。

 忘年会も、経済活動や社会の仕組みと密接に連動しているのだ。

|

« 高齢者を活かす | トップページ | 帝国の衰亡 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忘年会色々:

« 高齢者を活かす | トップページ | 帝国の衰亡 »