« O-CHAプラザ | トップページ | 海岸侵食 »

2007年1月13日 (土)

ハマコマチ

薩摩芋の話です。Cimg2582

(独)九州沖縄農業研究センターの育てた品種なのですが、

ハマコマチのハマとは、遠州灘の浜を意味しています。

砂地で育ててこそ、美味しくなるハマコマチ。Cimg2581

このハマコマチを特産物にしようと、研究会が発足し活動を始めています。

ハマコマチは、カラフルなオレンジ色をしています。

そしてそのオレンジ色に、ベータカロチンが人参の1.5倍も含まれているのです。Cimg2583

ハマコマチ研究会には、農業生産者や干芋加工業者が加わっているのですが、

先ず、ハマコマチの用途開発から活動を始めています。

お酒やケーキ、アイスクリーム、料理素材、漬物などなどと工夫しているのてす。

本来薩摩芋は、健康食品として多様な可能性を秘めています。Cimg2584

その可能性を顕在化させ、需要を喚起してから、荒廃の進む海岸砂地を生き返らせようというのです。

先日、皆さんが工夫した品々を試食させていただきました。

う~ん、これが芋かという味わいでしたよ。

綺麗な人参色も、ハマコマチの魅力ですね。

研究会の皆さんの活動を応援したいですね。

|

« O-CHAプラザ | トップページ | 海岸侵食 »

農業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハマコマチ:

« O-CHAプラザ | トップページ | 海岸侵食 »