« 河津桜 | トップページ | カボチャ!! »

2007年1月27日 (土)

金魚草

私の好きな花の一つで、ゴマノハグサ科の多年草だ。

原産は地中海沿岸のようだが、多彩な花に改良されて、今では世界中で栽培されている。

花の名を、英国ではスナップドラゴン(竜の口)という。Cimg2619

この日本では、金魚草と呼ぶ。

それぞれ、独特の花の形にちなんだ命名なのだが、日本では金魚の尾っぽに見立て、片や英国では竜だという。

同じ島国なのに、発想の違いに少しばかり驚かされる。

露地では五月から咲く花だが、伊豆半島のハウスでは今が花の盛期である。

やわらかな赤や黄色の花が、ホッと心和ませてくれる。

それが、金魚草の好きなところだ。Cimg2637

近年、F1品種が導入されるようになって、花の色も形も随分と多彩になった。

違った個性が交流すると、思わぬことも成し遂げる。

人も花も、同じなのだろう。

伊豆で生産された花は、多くが関東方面に出荷され、千葉県に次ぐ産地になっている。

|

« 河津桜 | トップページ | カボチャ!! »

園芸」カテゴリの記事

コメント


金魚草って一年草ってるけど、うまく冬越しすれば何年も咲くんですよ!私が育てた金魚草は7年も咲いたんですよ!

投稿: しん | 2007年4月13日 (金) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金魚草:

« 河津桜 | トップページ | カボチャ!! »