« 海岸侵食 | トップページ | 鉄路 »

2007年1月15日 (月)

時代劇場

伊豆箱根鉄道の韮山駅、そのすぐ前に「韮山時代劇場」なる施設がある。

市民文化センターや図書館などからなる伊豆の国市の施設だ。Cimg2597

ユニークな設計の建物で、北方の富士山の勇姿と共にひときわ目立っている。

そもそも「何と大袈裟な、時代がかった名称を付したものか!」と思ったりもする。

しかし、良く考えてみるとこの伊豆の地域は、日本の歴史を大きく転換させた策源地でも有る。

この時代劇場から程近くに、「蛭ヶ小島」がある。

蛭ヶ小島は、源頼朝が幽閉されていたところだ。

頼朝はここで北条氏の力を借りて決起し、鎌倉幕府を築く。Cimg2596

公家社会を、武家を中心とした封建の時代に転換した根拠地がこの伊豆であった。

やがて鎌倉幕府が滅びて、足利の室町時代となる。

その室町を崩す戦国時代への端緒となったのが、北条早雲だ。

早雲は、伊豆を拠点に今川氏と連携しつつ、関東に確固たる基盤を築く。

この北条氏の割拠を契機に、下克上の戦乱が全国に広がっていく。Cimg2598

明治維新の前夜、タウンゼント・ハリスが過ごしたのも、伊豆下田である。

要するにこの伊豆の地は、歴史を大きく転換させた策源地なのだ。

そう考えると、時代劇場も俄然現実味を帯びてくる。

壮大な歴史のロマンを背に、今日ここで暮らす人々に何ほどかの気分を持たせたい。

そんな思いなのだろう!

富士を間近に見て暮らす人々。

絶対的な存在感の富士山を前に、人々が考えること。

それは、「目指すべきは、寄せて芙蓉の第一峰にあり」と言う事だろうか。

つまり、「何時かは自ら富士の高嶺に君臨してやろう。」と思うことだろうか。

理想は、高いにこしたことはない。

「 気高くも 登り着きたや 富士の峯 」

|

« 海岸侵食 | トップページ | 鉄路 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時代劇場:

« 海岸侵食 | トップページ | 鉄路 »