« 時代と言うもの | トップページ | 自然の時間と生活 »

2007年1月 3日 (水)

初詣ラン

毎年恒例になりました。Cimg2533

正月には小笠山山頂から走って、法多山尊永寺に詣でるのです。

「今年も元気で、走り続けられますように!」と仲間と共に祈ります。

昔はランパン・ランシャツで詣でたのですが、今ではそんな元気がなくなって揃いのジャージです。Cimg2536

私たちのユニフォームには、三光鳥が縫い込んであります。

三光鳥とは健康光・気力光・経済力光だと、勝手に考えています。

小笠山の尾根道を上り下りしながら6kmほどで、法多山に至ります。Cimg2543

大勢の参拝客を掻き分け掻き分け、自らの元気に感謝しながら参詣。

後は、法多の団子をみんなで食べて、山頂にとって返します。

道々、四方山話をしながら、今年の自分を考えたりしています。 Cimg2544_1

よし今年も、一日一日を短く、一年をたっぷり永くなるようにやってみよう。

あれもやろう、これもやろうと、一日はアット言う間に終わってしまっても良い。

でも一年は、その積み重ねで十分な重みが感じられるように生きよう。Cimg2546

走りながら、そんな事を考えていました。

皆さんの、三ヶ日は如何でしたか? 

|

« 時代と言うもの | トップページ | 自然の時間と生活 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初詣ラン:

« 時代と言うもの | トップページ | 自然の時間と生活 »