« 団塊の世代は負のパワー? | トップページ | 金魚草 »

2007年1月26日 (金)

河津桜

まだまだ寒い日が続くのに、花の話では少し急ぎすぎだろうか? 

でも、もうすぐ立春(2月4日)だし、花の便りも届き始めた。

梅の花がほころび始めたし、南伊豆では一番咲きの河津桜が三分咲きになったそうだ。

河津川沿いの桜並木は、2月9日には二分咲き位になりそうだ。

そして、2月の10日からは河津さくら祭りが始まる。Cimg2617

一足早い春を訪ねて、毎年120万人もの人々が訪れる。

「花は桜木 人は武士」とは、カナ手本忠臣蔵の書中の言葉だ。

武士の散り際のいさぎよさを讃えている。

だが桜花には、はかなさの方をより強く感じる。

だからこそ、愛でたくもなるのだろう。

一方、桜は散って終わりではない。Cimg2621

散ってから、一年が始まるのだ。

それに、花が散った瞬間から来年咲かせる花の準備を始めているのだ。

サクラの枝を切ってハウスに入れておくと、一斉に開花を始める。

もう花芽の準備は、万端なのである。

春は、もう直ぐそこまでやってきている。

『 陽だまりに 育つつくしや 春のきざはし 』

|

« 団塊の世代は負のパワー? | トップページ | 金魚草 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河津桜:

« 団塊の世代は負のパワー? | トップページ | 金魚草 »