« 一観は百見にしかず | トップページ | 人生行路 »

2007年3月14日 (水)

食の交流

幕張メッセで、FOODEX JAPANが開かれている。Cimg2948

世界中の食や食材を集めた博覧会で、2,300余の出展をすべてみるのは一日では無理だろう。

かつて食の博覧会は、ヨーロッパを中心に開かれてきた。

でも今では、彼の地に匹敵する食の博覧会が日本で毎年開催されるようになった。

食は、生活文化の最たるものなのです。Cimg2974

その独特の食文化を育ててきたこの日本に、そんな博覧会が無かったのがおかしいのです。

韓国や台湾、中国はもちろん、ありとあらゆる素材が集まっていました。

韓国産の立派なセトカもありました。

フランスはもっぱら各地のシャトーのワインです。Cimg2972

メキシコからは、トマトまで持ち込まれていました。

そう言えば、トマトの原産地はメキシコでしたよね。

世界各地の珍しい果物も、商談者がひっきりなしでした。Cimg2969

世界中の食文化が交流する中で、本当の価値あるものが生き残っていくのです。

食の世界は、限りなく楽しい。

そして、それを支えている農業生産というものがあるのです。Cimg2965

日本の、その農業生産をもっともっと大切に育てましょうよ!

|

« 一観は百見にしかず | トップページ | 人生行路 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食の交流:

« 一観は百見にしかず | トップページ | 人生行路 »