« 春の嵐 | トップページ | 一観は百見にしかず »

2007年3月12日 (月)

遺伝子を風に乗せて

遺伝子のゲノムが解析される時代になって、

ほとんどの遺伝子が眠っていることが分かってきた。Cimg2919

どの遺伝子を、いかに眠りから覚ますかということが、

人生にとって、私たちの実に肝心なことなのだ。

眠らせておけば、それだけの事なのだ。

でも、あなたにはそれだけの可能性が有ると言われると、

俄然、眠っていた遺伝子は活動を始める。Cimg2885_1

その目覚めた遺伝子は、まったく新しい世界をつくり始める。

誰にもある人間の可能性というのは、そう言うことなのだ。

あなたの子供さんを、ほめて御覧なさい。

どんどん褒めた所が伸びていくでしょう。

あなたの奥さんを世辞でも良いから、誉めてみよう。Cimg2697

きっと結構な見返りが有るぜ?。

と言うことで私事だけど、現在の研究所を首になってしまうようだ。

新しい所属でも、私の眠らせていた遺伝子を叩き起こしてやるっきゃないな!。

今日は、独り言になってしまって御免なさい。

|

« 春の嵐 | トップページ | 一観は百見にしかず »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遺伝子を風に乗せて:

« 春の嵐 | トップページ | 一観は百見にしかず »