« 花もいろいろ | トップページ | 農家レストラン「とんきい」 »

2007年3月28日 (水)

(有)グリーンフィールド浜松

農業を業にしようと、羽ばたいている人達がいる。

浜松市の三方原の一角で、四年前に産声を上げた。Cimg3048

繊維関係の中堅メーカーで重要な位置にいたお二人が、農業に参入する決意をした。

農地も無く、舞う業とは無縁であった二人が、有限会社を立ち上げゼロから始めた。

そうして、四年近くが経った。

今では、12haの野菜畑でブロッコリーを中心とした生産を軌道に乗せている。

多くの従業員とともに、農場には和やかな空気が漂っていた。Cimg3047

一線をリタイアした年配の皆さんが、生き生きと働いている。

未だ若い彼らが、中高年層を組織しそんな職場を提供したのだ。

そんなコミュニティーと自然との接点が、働く人たちを生き生きとさせている。

販売の方法にも、従来の農家には無い工夫がある。Cimg3049

幾つかのスーパーマーケットへの直接供給が基本だ。

彼らの新鮮な商品へのファンも、次第に広がってきたようだ。

農業は、必ず産業になる。

代表取締役の鈴木雅清さんと話していると、そんな確信のようなものが伝わってきた。

けだし、こういう人達が農業の新しい時代を創っていくのだ。

この農場を訪れて、今日は楽しくなった。

|

« 花もいろいろ | トップページ | 農家レストラン「とんきい」 »

農業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (有)グリーンフィールド浜松:

« 花もいろいろ | トップページ | 農家レストラン「とんきい」 »