« メダカの学校の先生 | トップページ | 514人抜き »

2007年3月 3日 (土)

はらの虫

「はらの虫」と言う名のチャリティーコンサートのことです。Cimg2890

平均年齢54歳、高校の同級生のおやじバンドだ。

そのおやじ連中が、プレスリーやベンチャーズなどを3時間近く奏でる。

そもそも、このおやじ連中は、みんな農業経営者である。Cimg2891

立派な経営をしている。

その人達が、お茶の農閑期を利用してチャリティーの演奏活動ツアーをやっている。

自分達も楽しみ、音楽を奏でることに無上の喜びを感じている。Cimg2893

もっと感動的なのは、このバンドのリーダーA氏とボーカルの彼女は夫婦なのだ。

実に、魅力的な夫婦関係というべきだろう。

私など、望むべくもない。Cimg2894

それに又、幕間に登場した男のことだ。

彼は、自分の作詞作曲した歌をギターの弾き語りで楽しませてくれた。

その中味も、実に味があった。Cimg2895

このKさんは、米作の農業者である。

自由とは、こういう事なのだ。

正に、自由人なのだ。

人生を伸び伸びと、自由に生きられるなんて、農業はまっこと素晴らしい。

今夜のコンサートで、私も人生をやり直したいと思ったほどだ。

|

« メダカの学校の先生 | トップページ | 514人抜き »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はらの虫:

« メダカの学校の先生 | トップページ | 514人抜き »