« 古都の風情 | トップページ | 茶香炉と花 »

2007年4月19日 (木)

新茶初取引

静岡茶市場で、恒例の新茶初取引のセレモニーが行われた。Cimg3138

この日を境に、静岡の茶町は一気に活気づく。

そしてこの初取引は、春の風物詩にもなっている。

この朝、茶市場には千人近い人が集まって、今年の一番茶への期待を語った。Cimg3140

もちろん静岡県知事を始め、静岡や牧之原市の市長なども早朝から顔をそろえた。

昨年は、遅霜に痛めつけられた上に茶の価格もずっと低迷して推移した。

だからひとしお、今年の茶に期待する熱意のようなものも感じられた。Cimg3141

お茶は、必需品のようでそうでもない。

特に良質の茶は、豊かさを味わう素材だ。

景気の動向によっても、消費は左右される。Cimg3134

やっと上向いてきた景気とともに、茶業界が明るい展望を開く年になって欲しいものだ。

|

« 古都の風情 | トップページ | 茶香炉と花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新茶初取引:

« 古都の風情 | トップページ | 茶香炉と花 »