« 日本の人口減に思う | トップページ | アジアの中の日本 »

2007年5月 8日 (火)

砂鉄が育てた日本人

タタラとは、砂鉄製鉄のことである。

砂鉄は、花崗岩などに1パーセント程しか含まれていない。

これを集めて溶かし、鉄を作る。Cimg2769

この鉄を叩いて、鍬や鎌、そして武器にしたのだ。

稲作と言うものが、アジアの文明を一新させた。

そして、それど同時に農具としての鉄が伝わってくる。

早くから文明を発達させた中国や朝鮮では、燃料(薪)の枯渇によって、タタラが衰えてしまう。

森林が製鉄のためにみんな禿山になって、再生することがなかったからだ。

ところがこの日本列島では、薪炭材はモンスーンのお陰で絶えることがなかった。

その燃料と砂鉄を求めて、朝鮮半島から大量のタタラ衆が移り住んでくる。

そして、中国山脈からは良質な砂鉄が供給された。

この稲と鉄の生産力が、この国の古代権力を育て、Cimg3161

より豊かな生活を追及する、日本人の気質を育ててきた。

「神代記」には、「スサノオの命が、新羅から舟に乗って出雲の国の斐川の上流にやってきた」と書かれている。

そして斐川の上流には、鳥上山という良質の砂鉄を産するところがある。

日本人の気質と源流を作ってきたのは、鉄を産するモンスーンの気候だったのかもしれない。

|

« 日本の人口減に思う | トップページ | アジアの中の日本 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 砂鉄が育てた日本人:

« 日本の人口減に思う | トップページ | アジアの中の日本 »