« 八ヶ岳野辺山へ | トップページ | 100kmを走る意味 »

2007年5月22日 (火)

八ヶ岳に向かってスタート

午前五時の気温は、摂氏2度だ。Cimg3309

幾分の緊張のためか、そんなに寒さは感じない。

早朝の八ヶ岳は、澄んだ空気の中に凛として聳えている。

今からあの中腹を走り抜けるのだと思うと、少しばかり信じがたいような気がする。Cimg3311

だが、心身ともに全て準備を済ませたと言う思いが、自分との戦いを駆り立てている。

その興奮の中にも、ゲストランナーの千葉真子さんとのツーショツトを撮る余裕を残していた。

「この今日一日を、たっぷりと楽しもう」と、そんな思いになっている。Cimg3316

スタートを見送るのは、昨夜のチアリーダー達だ。

早朝から、心からの声援を送ってくれている。

そんな声援を背に、野辺山の町中心部5kmを一周。Cimg3318

それから後は、標高1908mの横岳中腹を目指して一気に登っていく。

登るに従って、唐松の色が緑から次第に黄緑に変わっていく。

今年の八ヶ岳の春は、随分と遅れているようだ。Cimg3320

例年に無く、芽吹きが遅れている。

そんな唐松の林道を、黙々と息を弾ませている。

突然、遠くの山裾に富士山が浮かび上がる。Cimg3324

富士山がこんなにくっきりと見えるのは、近年に無かったことだ。

|

« 八ヶ岳野辺山へ | トップページ | 100kmを走る意味 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八ヶ岳に向かってスタート:

« 八ヶ岳野辺山へ | トップページ | 100kmを走る意味 »