« ムーハウスの合宿 | トップページ | 言葉の世界観 »

2007年6月12日 (火)

マンゴー

熱帯アジア原産の、トロピカルフルーツだ。Cimg3459

デパートで見かけて値札を覗くと、一個数万円の価格だったりする。

こんな法外な値段で買う人はあるのかと思うのだが、

世の中には高いものを選んで買う人種がいるらしい。

ひとえに、その希少性とトロピカルな雰囲気に惹かれるのだろう。Cimg3448

それにインドやマライ半島のマンゴーとは違って、日本産は樹上で完熟させているから味も良い。

本来マンゴーの樹は、20mもの高木になる常緑樹だ。

日本ではそのマンゴーを大きくさせないために、ハウスの中で鉢植えで栽培している。

しかも熟して落ちるのを待って、網で支えて収穫する。Cimg3458

温度を25度以上に保つなど、燃費も手間もたっぷり掛かっている。

当然のことながら、高くなるはずではある。

マンゴーの仲間にもいろいろとあって、

果実の大小はもちろん、色も濃黄やら紅、緑色と様々だ。Cimg3457

実はマンゴーはウルシ科の植物で、その樹液はアラビアゴムの代用にもなる。

めったに口に入らないが、魅力的な果物だと思う。

|

« ムーハウスの合宿 | トップページ | 言葉の世界観 »

農業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンゴー:

« ムーハウスの合宿 | トップページ | 言葉の世界観 »