« 茶詰めの儀 | トップページ | ボーダレス友の会 »

2007年6月 1日 (金)

スヌーピーと墨絵

  • 大谷芳照の墨絵を見てきました。Cimg3391

彼は、あのスヌーピーの心を墨絵で表現した人です。

ご存知のようにスヌーピーは、チャールズM・シュルツの描いた漫画のキャラクターですよね。

そのスヌーピーは、徐々に進化しつつ50年間にわたって、世界中で愛されてきました。Cimg3389

大谷は、シュルツとの出会いを通じて、

形を変えてシュルツの精神を56点の墨絵に表現したのです。

シュルツのスヌーピーを借りて、Cimg3390

大谷なりの日本的な調和とジョークの表現に成功したとも言えます。

その何点かを眺めながら、

微笑ましさと同じに心にしみる温かさを感じてきました。Cimg3402

「こんな絵なら身近に置いてももいいな~・・」なと゜と思いながら。

皆さんは、どのように感じます?

|

« 茶詰めの儀 | トップページ | ボーダレス友の会 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スヌーピーと墨絵:

« 茶詰めの儀 | トップページ | ボーダレス友の会 »