« 先進国でこその農業 | トップページ | 困った人達の真実 »

2007年6月28日 (木)

餃子と統計

B級グルメなるものが、少しばかり世の中を楽しくしている。

富士宮ヤキソバとか、浜松餃子とか言っているアレだ。Cimg3536

旅に出て、その土地なりの美味いものを食べたい。

誰も思うことだ。

だが、「名物に美味いものなし」等と言われて久しい。

ところがB級グルメでは、たとえ外れたとしてもヤキソバである。

悔しいとも思わないだろう。Cimg3535

そんな気楽さもあって、B級グルメは益々フィーバーしている。

その一つ、浜松餃子の話である。

餃子消費の日本一は、長い間、宇都宮とされてきた。

宇都宮では、周辺にニラやネギ、ハクサイの生産が多い。

その地に戦後、中国からの復員兵が餃子の味を広めたのだと言う。

この春、そんな餃子王国に異変が起こった。Cimg3534

突然、餃子消費量日本一は、浜松だと言うことになった。

それも、圧倒的な差をつけてである。

浜松市民の一人当たり餃子消費は、約二万円。

宇都宮は、5千円に満たないのだ。

そう言えば、浜松は農業都市でもある。

農業でも、宇都宮の比ではないのだ。

何故、突然の逆転が起こったのか。

実は餃子消費の統計の対象が、県庁所在地と政令指定都市だったのだ。

この春、浜松が政令指定都市になって、その厳然とした事実が日の目を見たという次第である。

俄然、浜松っ子は元気付いて、浜松の餃子の消費もうなぎ登りのようである。

|

« 先進国でこその農業 | トップページ | 困った人達の真実 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 餃子と統計:

« 先進国でこその農業 | トップページ | 困った人達の真実 »