« 自分探しの旅 | トップページ | クラインガルデン »

2007年6月20日 (水)

熟年就農

農林水産省が、「2地域居住」なるものを推奨している。

定年を迎える団塊の世代に、

田舎に住んでもらおうという魂胆だ。Cimg3504

そもそも作物の育つ様は、私たちの生命活動とも共鳴する。

実に、日々新鮮で楽しいものだ。

私だって、早朝から葡萄の手入れに余念が無いのは、

色付き始めたその様に、ワクワクする時を得られるからだ。

長年都会で過ごしてきた熟年者にも、そんな喜びを味わってもらおうと言う訳だ。

その小さな農業で、生計を立てようなぞと思う訳ではない。

日々の楽しみと、そこそこの現金収入があれば、なおかつ結構ということだろう。

ドイツでは戦後、クラインガルデン(小さな庭)が発達した。Cimg3503

それは、アパートが生活の拠点だったから、庭の集まりにコミュニティーや安らぎを求めたのだ。

週末農園として、素晴らしく美しい文化となっている。

はてさてこの日本で、これをどのように仕組むことが出来るのだろうか?

まずは、少し規模の大きな市民農園を考えるのかな ?

|

« 自分探しの旅 | トップページ | クラインガルデン »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熟年就農:

« 自分探しの旅 | トップページ | クラインガルデン »