« 帝国の崩壊 | トップページ | 餃子と統計 »

2007年6月27日 (水)

先進国でこその農業

日本に、遅れた産業が三つあると言われる。Cimg3508

それは、金融、医療、それに農業である。

金融は護送船団が崩壊し、この十数年厳しい荒波にあって一新されつつある。

残るは、医療と農業だ。

医療はさておき、実は農業は先進国型産業なのだ。Cimg3514

現実に、アメリカもカナダ、オーストラリア、フランスも立派な先進国だが、

同時に強大な農産物輸出国だ。

英国だって食料自給率70%、ドイツは90%と立派なものだ。

然るにこの日本は、エネルギーベースの自給率で40%そこそこである。Cimg3454

かつて私達は、「先進国は工業を発展させて、後進国の農産物を買うものだ」と教えられた。

しかし、その農産物を売るはずだった後進国がおしなべて工業を発展させ、

食料を輸入するような状況に変わってきた。

世界最大の農産物輸出国アメリカの穀物価格は、エタノール生産への転換で高騰を続けている。

はてさて、日本人の食い物はどうなるのか。Cimg3435

実は農業は、先進国でこそ発展し得る産業だったのだ。

ハイテクの生産施設と技術、農地と労働力の高度利用、高い経営力、

そして、成熟した豊かな消費市場がそこにある。

一刻も早く、日本の農業を先進国型に変えなくてはいけない。

|

« 帝国の崩壊 | トップページ | 餃子と統計 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先進国でこその農業:

« 帝国の崩壊 | トップページ | 餃子と統計 »