« 喫茶子 | トップページ | 時代の求めるもの »

2007年7月27日 (金)

食の安全とコスト

もう直ぐ、土用の丑の日だ。

それで今年は、国産の鰻が飛ぶように売れているそうだ。Cimg3674

一方、中国産の安い鰻は、さっぱりのようだ。

その中国に、四年ぶりで日本の米を輸出した。

全体で24トン(400俵)に過ぎない。

相手は人口13億の、経済発展著しい中国だ。

そりゃー、その位は物珍しさで買うだろう!Cimg3676

それに、そのPR費用を5,000万円も使ったと言う。

一俵(60kg)あたり、12万5千円のPR費用だ。

販売価格は、中国で流通している米の20~30倍だ。

それが、中国における「安全コスト」と言うことなのだろうか?

中国3000年の食文化の奥行きはともかく、Cimg3639

安いものには、それなりの理由があって当たり前だ。

何が得なのかは、消費者の責任で判断するしかない。

貧乏性の私なぞは、困るよな・・・・・。

でも、今年は国産の鰻だよな!!!!

|

« 喫茶子 | トップページ | 時代の求めるもの »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

このブログを見て・・・
あたまをよぎったのは・・・
松下幸之助の「世間は正しい」のことばです。
こんなことを言っております。
「世間大衆はよく判断を誤るものだと考えていないでしょうか。個々に、あるいは、一時的に誤ることがあったとしても全体として長い目で見れば世間大衆というものは正しい判断を下すものです。
・・のやり方が正しければ必ずそれを受け入れてくれる。・・・・・・・・・・・・・・・・・。

投稿: 萩田  博 (呼びかけ人) | 2007年7月28日 (土) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食の安全とコスト:

« 喫茶子 | トップページ | 時代の求めるもの »