« 宇宙空間にお茶 | トップページ | 異変の予兆 »

2007年7月 3日 (火)

人間の純度

多くの人々が、その人なりの人生をそれなりに生きている。

歴史を辿るまでも無いが、黒田如水あり直江兼続、石田三成、荒木村重と、人様々なのである。

もちろん、そんな歴史上の人士と比べようもないが、Cimg2416_2

それぞれの職場や企業、地域だって似たような様相が厳然としてある。

時として私自身、そんな厳然とした競争社会に良くぞ生きているな~と思うことがある。

私に関しては、「年甲斐も無く、青臭いことをいまだに言ったり書いたりしている」と言われる。

事実そうなのだからしょうがないが、「私は小利口には生きられない」とずっと思って生きてきた。

だから、利口な人の真似をしたくたって出来ない。Cimg3418

軽蔑されようがどうだろうが、打算や駆け引きで生きたくはないのだ。

多くの場合、人は損得の秤で行動している。

不思議なもので、その度合いが人によって異なる。

或いは、そのやり方が巧妙であったりする。

今の私には、そういうものがみんな見えるようになっている。

人の心底というものを、有る程度見透かしてしまうのだ。Cimg3317_1

見透かした上で、口を利くようになっている。

自分でも不思議なものだと思うが、ある悟りがそうさせるのかもしれない。

人間が、純な気持ちで生きるなんてまったく難しいことだ。

だけど、そんな心を失って打算で生き始めたら、たちまちにして見透かさせる人間になる。

そこの所が難しいね。

金属だって、純度を限りなく上げていくと性質が変わってしまう。

例えば鉄だって、不純物を一切無くすと硫酸にだって溶けなくなる。

銅も高純度では、一切の電気抵抗もなくなるのだそうだ。

せっかくの人生だから、そんな孤高の生き方ができないものかな~。

|

« 宇宙空間にお茶 | トップページ | 異変の予兆 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間の純度:

« 宇宙空間にお茶 | トップページ | 異変の予兆 »