« 日本の夏 | トップページ | 道の駅考 »

2007年8月12日 (日)

ビジット・ジャパン

世界中で最も多くの外国人の訪れる国は、何処の国でしょう?

それはフランスで、年間7600万人もの観光客が訪れます。Cimg3703

人口よりも多くの人々が押しかけるのです。

何故なのでしょうか? 

次いで旅行者の多い国は、スペイン、米国、中国と続きます。

で、日本はどの位だと思います?Cimg3777

たかだか、670万人なのです。

中国に訪れる観光客の7分の1に過ぎません。

同じ島国のイギリスにだって、年間3000万人も行っているのです。

でも東洋の島国には、魅力が無いのでしょうか。Cimg3702

英国にはない富士山や温泉、火山、名所旧跡など幾らでも観光資源はあるでしょう。

でも、かつて世界の海を支配した英国と違って、世界の人々に対する見方がこの国には無いのだと思う。

いまだに、鬼畜米英や中国韓国蔑視の感情が、潜在しているのかもしれません。

言葉も含めて、この国は極めて不器用な国になっているような気がします。Cimg3699

もう既に、経済格差では平準化が進んでいる中で、この国を訪れないのは・・・・何かが足りないのです。

人口が減り続ける時代。

海外から来てもらう他ないのです。

観光県静岡、大きく門戸を開かなくては、その未来はありません。

|

« 日本の夏 | トップページ | 道の駅考 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビジット・ジャパン:

« 日本の夏 | トップページ | 道の駅考 »