« 孫に手を引かれ | トップページ | 朝鮮半島と私達 »

2007年10月 1日 (月)

磐田という町

ジュビロ磐田の本拠地がある所だ。

人口17万余、もちろん私もその一人である。Cimg4130

製造業の町で、製造品出荷額は2兆700億円もある。

静岡県全体で17兆円程だから、磐田市だけで12%も占める。

県下では浜松市に次いで二番目、全国でも14番目に多い町なのだ。

お陰で、外国人の居住も多い。

人口の5.2%、9400人は外国籍である。Cimg4131

それだけでも、学校教育やら、外国人の高齢化などという問題も抱えている。

当然、文化の違いから来る一定の問題はもちろんのことだ。

その磐田市に意外なものが二つある。

一つはトンボだ。

ベツコウトンボやコバネアオイトトンボ、ベニイトトンボの住む桶ヶ谷沼がある。

それに、美人ゆかりの地だ。

源頼朝が、当時の美女を二人上げている。

一に「千手の前」、二に「熊野御前」だと。

この二人とも、この磐田の地と深いゆかりがあるのだ。

今日は、単なるお国自慢で、御免なさい。

|

« 孫に手を引かれ | トップページ | 朝鮮半島と私達 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 磐田という町:

« 孫に手を引かれ | トップページ | 朝鮮半島と私達 »