« 紹興と魯迅 | トップページ | 開幕 世界お茶祭り »

2007年10月31日 (水)

混沌と興隆と

浙江省の省都は、杭州市である。Cimg4328

人口は約400万人。ほぼ静岡県の人口に匹敵する。

この杭州市も、大変な経済発展をみせる代表的な町だ。

実は18年ほど前、私はこの町を訪れたことがある。

西湖マラソンに参加したのだ。Cimg4329

当時、私達の走る姿が珍しかったのか、数万の見物人が道に溢れていた。

それにあの頃は、道路には自転車の波が溢れていたようなきがする。

だが今、近代的なビルが立ち並び、地下鉄が走る。

広い道路には路面電車が走り、高級車で溢れている。Cimg4310

自転車道だって広く作られている。

その自転車道を、音も無く電動バイクが走っている。

かつての自転車が、この電動バイクに取って代わったのだ。

それにこのバイクが、中々の優れものなのだ。Cimg4311

一晩充電すれば、平地なら100kmは走ると言う。

電気がなくなれば、ペタルを踏めば良いのだ。

それに、静かなのが何よりだ。

町全体も綺麗になった。

朝暗いうちから、作業員が出て落ち葉やゴミを清掃している。

とは言え、全てが変わってしまった訳ではない。

朝は、リアカーに野菜を積んだ引き売りや、道端の上海ガニ売りもあちこちにいる。

自転車で僅かばかりの干野菜を売っている人だっている。

豊かさと貧しさの入り混じった中国。

その断面が、杭州市でも少しばかり感じられた。

急速な成長に、全ての人々が歩調を合わせられる訳では ないのだ。

|

« 紹興と魯迅 | トップページ | 開幕 世界お茶祭り »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 混沌と興隆と:

« 紹興と魯迅 | トップページ | 開幕 世界お茶祭り »