« 中国達観 | トップページ | 中国と日本の経済 »

2007年10月25日 (木)

驀進する中国経済

既に、中国における乗用車や薄型テレビの販売台数は、日本を凌駕するようになった。

携帯電話にいたっては、契約者の数は日本の五倍以上だ。Cimg4187

それに、食料を含めた輸入総額も、日本をはるかに上回って、

米国、ドイツに次ぐ世界第三位の規模である。

GDPだって、この2~3年で日本を抜くと言われている。

日本の経済は、否応無くこの巨大な隣国の影響を大きく受けることになる。

日本の貿易相手だって、対米は既に二割を下回るところまで来ている。

株式こそニューヨークダウに振り回されているが、経済関係は圧倒的に東南アジアにシフトしているのだ。

かつて、中国製品はきわめて安いのが常識だった。Cimg4151

バブル崩壊以降の日本の失われた20年の間も、

中国からは日本に、デフレが輸出されてきた。

だが、その中国で物価上昇が続いている。

年率10%を越す経済成長を背景に、

食料品を始め、衣料や賃金の上昇が顕著だ。

やがてこの流れは、

その製品を通じて、日本の物価を引き上げることになるはずだ。

今日は、紹興を経て杭州に入った。

|

« 中国達観 | トップページ | 中国と日本の経済 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 驀進する中国経済:

« 中国達観 | トップページ | 中国と日本の経済 »