« みかんと骨密度 | トップページ | 青島から帰って »

2007年10月28日 (日)

錬金術と科学

錬金術とは、鉛を金に変える化学反応を発見することだ。

もちろん、そんな魔法があるはずはない。Cimg4152

しかし中世においては、多くの研究者がこれを真剣に追求した。

なんと、ニュートンもその一人なのだそうだ。

そして、幾多の徒労の末に、そんな化学反応は無いことが分かる。

鉛も金も「元素」だと言うことが分かったのだ。

そうして、その錬金術へのアプローチが、今日の科学に発展していく。

金儲けの失敗がもたらした思わぬ成果である。Cimg4150

かつての大航海時代だって、単に冒険のための冒険に出かけたわけではない。

コロンブスのアメリカ大陸発見や、マゼランの航海だって、

インドの胡椒を手に入れることが目的だった。

「裏ノーベル賞」と言われる「イク・ノーベル賞」を受賞した女性がいる。

彼女(山本麻由さん)は、

牛糞からバニラの香りの成分「バニリン」の抽出に成功したのだ。

それで、米国のユーモア科学研究ジャーナル誌から、その賞を受けたのである。

もしかしたら、牛糞が宝の山になるかも??

|

« みかんと骨密度 | トップページ | 青島から帰って »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錬金術と科学:

« みかんと骨密度 | トップページ | 青島から帰って »