« 朝鮮半島と私達 | トップページ | 同窓会にて »

2007年10月 3日 (水)

人口減少と私達

人口が減るという事は、想像以上に大変なことなのだ。Cimg4133

日本人は、戦時中の一時を除いて、常に人口を増やしてきた。

それが一昨年ピークアウトし、次第に減少の速度を増していく。

人口が減って、何が悪い?Cimg4132

人口が減るという事は、その民族の衰退の証なのだ。

かつて中国を支配した清朝は、中華民族ではない。

その清朝が滅びて60年余、今かつてのツングースは何処に生きているのかすら分からない? Cimg4067

しかして民族と言うものは、その人口で勢力が計られるのではないか。

それは産業の面で顕著だ。

日本国内の車の販売台数は、27年ぶりの低水準に落ち込んでいる。

それは、車を求める世代が急速に少なくなっているからだ。

新聞だって、そうだ。Cimg4054

人口が減れば、購読者は減る。

かてて加えて、インターネットや映像など、

競争相手は雲霞の如くだ。

当然広告収入だって、減っていくだろう。

はたして今日の大新聞の幾つが生き延びられることやら。

と、思う。

人口が減ったら、ゆったりした生き方が出来る。

・・・・と思ったら、はたしてそれはどうだろうか? 

民族の盛衰を考えれば、それは人類史における衰退なのだと思う。

|

« 朝鮮半島と私達 | トップページ | 同窓会にて »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人口減少と私達:

« 朝鮮半島と私達 | トップページ | 同窓会にて »