« 錬金術と科学 | トップページ | 紹興と魯迅 »

2007年10月29日 (月)

青島から帰って

昨夜は、山東省の青島に泊まった。Cimg4457

青島は、1897年までは何の変哲もない漁村でしかなかった。

その地に戦略的な価値を見出して、租借したのがドイツである。

だから今でも、旧市街にはドイツ風の町並みが残されている。Cimg4456

その青島をドイツから奪ったのが、第一次世界大戦時の日本軍だった。

日本軍がこの地を占領していたのは29年間だったはずだ。

その青島が、巨大な近代都市として大発展をしている。Cimg4454

波静かな黄海沿いには、高級別荘地が並び、

そして来年は、ここでオリンピックのヨットレースが開催される。

その町に、今、韓国人が約10万人も生活している。Cimg4455

だが日本人は、3,500人に過ぎない。

昨夜は、酔いに任せて一人市街を徘徊してみた。

10月初旬とはとても思えない、大陸性の冷たい風が吹いていた。

高層ビルが林立し、ネオンや映像ディスプレイが眩い。Cimg4453

一人その町を歩きながら、80年前のこの町を想像していた。

恐らく80年前、この町を闊歩していたのは、日本軍の将校達だったはずだ。

今青島は、中国一豊かな都市として発展している。

俳優や政府高官など、リッチな人々がこの町に集まっているからだ。

ホテルに帰って、夜景を見ながら、かつてこの地に生きた日本人のことを考えていた。

今朝、黄海湾沿いの道を15kmほど走った。

朝、暗いうちから、人々が散策し、ヨーロッパの都市と少しも違わない。

青島は、素晴らしい町になるだろう。

今、パソコンに向かっているのだけれど、

今朝、あの海岸をジョギングしたことが、夢のように思えてくる。

|

« 錬金術と科学 | トップページ | 紹興と魯迅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。いつも楽しく拝見しています。いま息子もヨーロッパ農業研修に参加させてもらい
出かけております。現地からメールが届きブログに載せています。便利な時代になりましたね。しかし心の豊かさは、貧しくなった様におもいますが、勘違いでしょうか。私も少しでも心豊かにと思うのですが、毎日の仕事に追われて・・・・!

投稿: 野末 信子 | 2007年10月30日 (火) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青島から帰って:

« 錬金術と科学 | トップページ | 紹興と魯迅 »