« 山東省へ | トップページ | 北京の台所 寿光 »

2007年11月 9日 (金)

北京の食料基地安丘

安丘にある「三通食品有限公司」を訪れた。Cimg4390

この食品加工工場は、山東省の農村地帯の只中にある。

ここまで来るには、青島から一日がかりである。

三通食品有限公司は、日系資本のグループ企業の一つで、Cimg4389

ホウレン草やダイコン、大ネギ、生姜などの加工を業務としている。

年間の生産量は6万トン、年商は1,000万ドル余だという。

職員は、約700人である。Cimg4387

原料となる農産物は、契約栽培によって確保している。

それにこの企業グループは、肥料、農薬、種苗、加工の各部門を持っていて、

インテグレイションのような業態になっている。Cimg4384

今は、生姜の収穫期に当たっていて、村のあちこちで収穫作業や袋詰めされた生姜の山が見られた。

人民公社が解体されて、変わってこのような企業が苗から加工・販売までを行う形に変わったのだ。

沿線には、この三通商事と似たような工場が、幾つか見受けられた。Cimg4383

そして、このような工場で加工された食品の大部分が、日本向けに輸出されているのだ。

工場の管理者は、「かつての人民公社と違って、生産者の努力が報われるようになった」と語っていた。

しかし、豊かな農村という雰囲気が、少しも感じられなかったのは何故だろうか。

|

« 山東省へ | トップページ | 北京の台所 寿光 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北京の食料基地安丘:

« 山東省へ | トップページ | 北京の台所 寿光 »