« 開幕 世界お茶祭り | トップページ | 実現 小笠山トレイル »

2007年11月 2日 (金)

西湖と杭州

今から2200年前の秦の始皇帝時代、最南端の県がこの杭州である。Cimg4332

始皇帝の支配の及ぶ南端の地だったのだ。

隋の時代には、都からこの杭州まで1,800kmに及ぶ運河が開設されている。

京杭運河である。Cimg4333

人力で、かくも長大な運河を作ったのである。

そして、その運河の南端に西湖がある。

一周しても15kmほどの湖なのだが、Cimg4334

水深が浅く、人口の島や堤が作られている。

その人工物の全てが、時の皇帝の庭として造営されたものだ。

そうして今、西湖10景が残され、春夏秋冬の景色を作り出した。Cimg4335

この西湖は、浙江省一番の観光地で、多くの観光客であふれている。

湖畔で賭けトランプに興ずる男達に、中国人を感じたりもする。

この時期、西湖のほとりには銀木犀の花が咲き誇っていた。

旅行家マルコポーロは、

「杭州は世界の持つとも美しい豪華都市のひとつだ」と書き残している。

当時の人口は、100万人であったと・・・・・

|

« 開幕 世界お茶祭り | トップページ | 実現 小笠山トレイル »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西湖と杭州:

« 開幕 世界お茶祭り | トップページ | 実現 小笠山トレイル »