« 走友会と私 | トップページ | 秋冷 »

2007年11月28日 (水)

自由ヶ丘の静岡

東京の自由ヶ丘のことだ。Cimg4571

働かなくても食べていける人たちが、大勢住んでいるのだとか。

だから、日常の買い物には、極めて我侭なのだと言う。

確かに、お洒落なカフェや雑貨屋が並んでいる。 Cimg4570

それに、車が極めて少ない。

が、ガレージを覗くと、運転手付きの高級車が納まっていたりする。

その自由ヶ丘に、静岡のキミサワが店を出している。Cimg4573

そしてそのスーパーは、地下にあった。

静岡の特産物を数多く並べている。

はじめは、『何で静岡なの?』という反応だったそうだ。Cimg4572

それが次第に、口煩い自由ヶ丘の住人に認められていく。

食材と言うのは、何も遠くの産が良い訳ではない。

北海道や鹿児島が良いのなら,中国やタイ産の方がもっと良くなる道理だ。

近くの新鮮で優れた食材こそが、ベストなのだ。

いずれにしても、近くにこんな旨い物があったのかと思わせている。

そのビルの三階に、スイーツの店が集まっている。Cimg4574

8つ程の店がそれぞれアイスやクレープ、

それに良く分からないが流行のスイーツを売っている。

客は、それを買って共通のプラザで食べるのだ。

平日の午前であったが、若い女性達で賑わっていた。

彼女ら、自由ヶ丘の住人なんだろうか? 

いずれにしても、日本にこんな所があるのだ。

|

« 走友会と私 | トップページ | 秋冷 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自由ヶ丘の静岡:

« 走友会と私 | トップページ | 秋冷 »