« ティー・ツーリズム | トップページ | 走友会と私 »

2007年11月26日 (月)

レアメタル争奪

何故、原油価格を含めて、資源の価格が上がり続けるのか。

特に最近では、レアメタルの価格が、三年で倍になっている。

門外漢の私なぞ、プラチナを身につける訳じゃなし、Cimg4198

そんなもの関係ないと思っていた。

しかし、近年のIT革命は、

タングステンとかゲルマニューム、モリブデン、リチューム、、アンチモン、パラジューム

などと訳の判らないものがないと、日本の産業が成り立たなくなっている。

しかも、その資源は日本には無いのだ。Cimg3876

何処に有るかというと、中国やロシア、南アフリカ、豪州

それに中央アジア諸国だ。

その一つの国である中国が、来年一月から、

輸出資源税20%を付加することを決定した。

国内の資源を温存しつつ、当面は海外の資源を使おうと言う戦略らしい。

地球の人口は、60億人である。Cimg3922

そして、金持ち倶楽部に所属していたのが10億人だ。

40億人は、途上国に所属している。

今、その途上国の40億人のうちの10億人が、

金持ち倶楽部に加入しつつあるのだ。

その需要の爆発を見込んで、資源の価格が高騰をしているのだという。

それにしても、第一次オイルシュツクの時、

4ドルの原油が8ドルになって、パニックが起きた。

今、その原油価格が100ドルになろうとしている。

レアメタルも同様な位置にいる。

そして、日本の産業はその希少資源に依存しているのだ。

|

« ティー・ツーリズム | トップページ | 走友会と私 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レアメタル争奪:

« ティー・ツーリズム | トップページ | 走友会と私 »