« 寿光野菜卸売市場 | トップページ | 一人っ子政策の行方 »

2007年11月12日 (月)

濰坊という町

小雨交じりの冷たい風が吹いていた。

三東省の奥深く、内陸に入った為だろうか。Cimg4393

濰坊という町に泊まることになった。

人口は、840万人だから、静岡県の二倍以上ある。

そして、濰坊の市街地には、120万人が住んでいる。

7000年前の新石器時代から、人が住んだ跡があるというから古い町なのだろう。

ところがこの町が、超近代的な佇まいをしている。Cimg4392

キチッと区画された美しい街路、街灯の美しい広い道路、

そんな新しい町並みがどんどん整備されている。

町のはずれには、二箇所の原子力発電所があって、その巨大な放熱塔がそびえている。

そして、周辺部の古い町は、片端から容赦なく壊されているようだ。Cimg4391

この日、この町で何かの全国会議が開かれていて、政府の要人(首相)が滞在中であった。

途中の道筋に、ポリスの数が多かったのも合点がいった。

普通、町は郊外に広がっていく。

ところがこの町は、中心部から作り変えがされているのだ。

早朝、この新しい町をジョギングしながら、

中国と言う国の凄まじさを垣間見る思いであった。

この町で毎年、「世界凧大会」が開催される。

|

« 寿光野菜卸売市場 | トップページ | 一人っ子政策の行方 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 濰坊という町:

« 寿光野菜卸売市場 | トップページ | 一人っ子政策の行方 »