« 組織力 | トップページ | となりのトトロ »

2007年12月25日 (火)

伊豆の昔日

バブルの崩壊までだろうか? Cimg4745

伊豆は、観光地として輝いていた。

アメリカのロスアンゼルスのような明るささえあった。

何処の温泉場も賑わっていたし、洋ランの里やバイオパークなんかも、 Cimg4772

人々で溢れていた。

人は、人の集まる所に行きたがる、そんな性質がある。

それが一旦流れが変わると、寂びれを感じる所がでてくる。

人の流れが止まると、商店街にだって陰が差す。Cimg4765

渋滞も行列も否だけど、ほどほどに人がいたほうが良い。

昨日今日と伊豆半島を一周して、何故か一抹の寂しさを感じてしまった。

観光は、ともすると光のように鮮明で、消え易いものなのかもしれない。Cimg4759

伊豆に光を当てるには、歴史やスポーツ、自然、そして温泉と、人々の耳目を集める他無い。

|

« 組織力 | トップページ | となりのトトロ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆の昔日:

« 組織力 | トップページ | となりのトトロ »