« ブログの600日 | トップページ | 危機こそ活力 »

2007年12月28日 (金)

日本の落日

ニートなどと呼ばれる若者達。

飽食世代や教育、古いシステムなどと、理由は色々とある。

じわじわと、この国の落日が見え始めている。Cimg4763

平成7年の日本のGDPは、全世界の19%近くを占めていた。

それが昨年、9.1%にまで半減した。

わずかに、この10年間のことだ。

それに一人当たりのGDPも18位になった。Cimg4764

先進国の中で、再開にランクされたのだ。

この一人当たりGDPは、

かつて「英国病」と言われた英国をすら、15%も下回っている

その主因が、新興国の成長と円安だという。Cimg4754

日本では、過去70ヶ月経済成長が続いている。

だがこの6年間の経済成長は、11%に過ぎない。

同じ期間に80%も成長している中国をはじめ、

世界の潮流を見れば、落日の日本を納得するしかあるまい。

もとより国や民族の盛衰は、固定されている訳ではない。

これまでの繁栄だって、東西冷戦の中で利を得て来たのに過ぎない。

それを「世界の工場」などと自認したり、

ジャパン・アズ・ナンバーワンなどと言われて、

いい気になってきただけのことなのだ。

問題は、この国のこれからだ。

ずるずると凋落して、中国の陰に隠れてしまうのか?

その前に私達は、農林業を含め、産業や制度の再構築をしなくてはならないはずだ。

とりわけ、農林業の生産性を高めることは、国の産業の基礎として必須の課題だ。

|

« ブログの600日 | トップページ | 危機こそ活力 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

代々受け継がれてきた農業・農家にグローバル化の中で経営していく方法が解らない。時代の変化が、今までのあるだけの収入で暮らしていく生活習慣の中で、追いついていけない。主人が、人を雇用し始めた頃、俺には、「雇用のDNAがない。」と言っておりました。まだまだ経営に関しては、未開発の部門だと思います。これからの若者達に他の産業の様に、「日々改革」の実践で、日本の大地を元気よく耕していってもらいたいものです。まずは、65歳になるまで、共に実践していき
我が社の「大地を元気に」の旗のもと来年もチャレンジしていきます。どうぞご指導よろしくおねがいいたします。1年間ありがとうございました。

投稿: 野末 信子 | 2007年12月31日 (月) 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の落日:

« ブログの600日 | トップページ | 危機こそ活力 »