« 退耕還林 | トップページ | 雨上がり »

2007年12月22日 (土)

連帯

私達の職域の技術者の大忘年会が開かれた。Cimg4728

多くの人が集まったのだけれど、その職への帰属意識ガがなかったら、

こんな会に誰も来ないのかもしれない。

恐らく、今日集まった人達は、何がしかの志を持っているはずだ。

私に冒頭の、発言を求められて、Cimg4729

二つだけ話をさせて頂いた。

一つは、技術者と言うものは信念を持ってやるべきことをやろうと言うこと。

もう一つは、一人ひとりがキチッとした信念なり、哲学を持って行動し、

それをチャンと表にださなきゃあかんと言うことだ。Cimg4731

とかく官僚の世界は、無条件で上司に従うのが常だ。

しかしながら、上司が正しいと決まっている訳ではない。

それにはチャンと、反応するのが技術者なんだと申し上げた。

こんな時代の変わり目に、適当に過ごす訳には行かないのだ。Cimg4733

折角この世に生まれて、何がしかの使命を果たして死のうと思うなら、

それぞれ覚悟がいると思うのだ。

人生は、決して長くは無い。

考えれば、アット言う間かもしれない。Cimg4734

その、アッと言う間に、あなたに何が出来るのかが問われているのが、

実はそれが、本当の人生なのだ。

さて、あなたは明日からどうします? 

|

« 退耕還林 | トップページ | 雨上がり »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連帯:

« 退耕還林 | トップページ | 雨上がり »